お仕事体験
お仕事体験
お仕事体験レポート!

★リクルート「好きを仕事にする本」での取材、フラワーショップとペットケアショップのご紹介〜♫
実際に1日お店でお手伝いしながら、お仕事風景を見学させて頂きました!お花やワンちゃんをお好きな人は多いでしょうけど、実際にお仕事となると。。。どんな世界にも厳しさはつきものですよね(汗)
ド素人が1日だけお手伝いなんて、ほぼ9割以上邪魔でしかなかったと思いますが、一度にたくさん勉強させて頂きまして、本当に有り難うございました!



フローリストのお仕事を体験!
フローリストのお仕事を体験!

【レ ミルフォイユ】

アパレルなどの会社が多く立ち並ぶ原宿から千駄ケ谷へ向かう地区にある。
パリの邸宅をイメージした店内には花とグリーンがセンス良く並ぶ。

渋谷区千駄ケ谷3-52-3 03-5775-3874


★お花の剪定 花びらの痛んだ所を取り除いたり、茎の先を少し切り直し、水上げしやすくしてあげます。これから開く花と、開き気味のお花を分けたりもします。

★水汲み 新しいお花が入荷されて来たらすぐに水に生けられるように、バケツをきれいにし、水を汲んでおきます。

★お掃除 剪定した茎や葉がもの凄い量でゴミになって行きます。掃いても掃いてもゴミが出る。

お花は温度の変化に弱いので、冷蔵ケースには入れないそうです。自然の理にかなっていて納得♥

年間を通じて特に忙しくなるのは4月・5月と10月・11月頃のブライダルシーズン。月末月初は退職や昇進で注文が多いそう。

★お花の入荷 新しいお花を仕入れる為、車でお出掛け。アレンジしたお花の配達などもするので、運転免許は必須だそうです。車に積み込む前に、大方のいらない葉やバラの刺などは道具を使って取り除く。教えて下さった吉村さんは道具を巧みに使い、目を見張るような見事な手さばきでした。


★荷解き 入荷した花材をそれぞれの特性に合った剪定をして、水に生けます。
★アジサイは「湯上げ」と言って、お風呂よりも熱めのお湯に入れる。ビックリさせると水上げが良くなるそう。
★トルコキキョウの茎の先は「折る」。
★ランの茎の先は「つぶす」。

★花束・アレンジを作る お客様の予算と希望に応じて花材を選び、TPOに合わせて表現します。

つい、このアレンジの作業に憧れてしまうわけですが、この流れで言うと「ようやくキター♥」って感じですね(汗)この他にも打ち合わせや、お店によっては営業活動など多くの作業が待ち受けています。生き物なので扱いが大変だったり、意外と体力勝負な面もありますが、やはり、人生の「ハレ」の場面を演出できるなんて素敵です!

ペットショップでトリマーの仕事に密着!
ペットショップでトリマーの仕事に密着!

【青山ケンネル インターナショナル 柿の木坂店】

目黒区にある大型ペットショップ。高級住宅街に近くペットを飼う人の率も高い。
トリミング、ペットホテルも行っているので人気のワンちゃんがいっぱい。

目黒区柿の木坂2-4-18 03-5701-9161



★お散歩 お店の子犬たちのママ犬やお客様からお預かりしているワンちゃんを、近所へお散歩に連れて行きます。

★ごはん 子犬も成犬も1日2食。子犬のごはんはパピー用のフードに、やぎのミルクを混ぜ合わせます。やぎのミルクは栄養の吸収が良く、免疫力を強化し、アレルギーを起こさないそう。

★子犬を店内に出す 子犬はとてもデリケート。気温26℃を目安に、店内のケースに出します。温度管理は常に慎重に気を使います。子犬の手足にうんちが付いていないかを確認!




★シャンプー 毛の短い子は「ショート」長い子は毛玉になりにくい成分の入った「ロング」白い毛の子には、より白くなるように「ホワイト」という、専用のシャンプーを使います。ドライヤーも、ワンちゃんに優しい、熱くなり過ぎない専用ドライヤーを使用。

★トリミング はさみを使うため、とても慎重に作業を行います。大型犬や咬み癖がある子、落ち着きの無い子を扱うのは本当に大変だろうと思います。周りの子は相変わらず騒ぎっ放し。でもプロが相手をしている子は、じーっとしていて、とても不思議でした。

トリミングをしたワンちゃんの写真を撮って、翌月のカレンダーを作ってあげるサービスもしているそう。

店長の菅沼さんが、落ち着きの無い子にガム(牛のスジ)をあげる時、ワンちゃんが一旦お行儀良くしてから与えていました。おとなしくした所でごはんをもらう、という癖ををつけます。耳や足の先、しっぽなど、本来犬が嫌がる所を触るようにしたり、歯磨きの習慣をつけるなど、子犬の頃からきちんとしつけをしておけば、神経質な子にならないようです。

ワクチンの注射を受ける子がいたので、近所の動物病院へ。注射をした後はおふろに入れないので先に入れてあげる点がポイント。ワクチンは生後2ヶ月と3ヶ月、あとは1年ごとに受けます。

トリマーの松本さんはお弁当を持参。お昼休みは15〜30分で外出する時間が無いんだそう。

★商品の品出し・接客 お客さんからの質問に対するアドバイスは、犬種のそれぞれの性格や特徴、飼い方等、豊富な知識が必要です。

お店の裏側では、預かっている様々な種類のワンちゃんが常にけたたましく吠えて騒がしく、どうしても拭いきれない獣の匂いもしています。生後間もない子には衛生面に細心の注意を払い、時には大きくて力の強い子のお世話もしなければなりません。プロとして、好き嫌い等あってはならないのは当然だとは思いますが、普段動物に馴れていない私には、強烈なカルチャーショックでした。生き物を扱うお仕事って本当に凄い。頭の下がる思いで取材を終えたのでした。

▲ Page Top


サイト内に含まれる作品及び画像などの転載や流用などを全面的に禁止します。
Copyright YOKO SAITO all rights reserved.