上高地の山
上高地の山
(今まで滞在したエリアは旅リストにまとめました。)


上高地・紅葉狩り ぶらぶらハイキング
国内で最も好きな場所は?と聞かれて、いつも迷わず答えるのが「上高地」。
梓川のせせらぎが心地よく、怖い程空気が澄んでいて、3000m級の山々が見る場所や時間帯によって、刻々と表情を変えます。近年パワースポット流行りですが、ここでは確実に強い霊気を感じるはず。特に素晴しいのが「明神池」。汚れちまった私みたいなのが来てスミマセンと思ってしまう程、神聖な空気でした。

★交通新聞社「旅の手帖」(以下、イラストルポの一部を抜粋)


◆A・大正池から見る焼岳
大正池から西に位置する焼岳を見るには、朝日のあたる時間帯がおすすめ。昼間なら、3人乗りの貸ボート(¥800)を利用してみるのはいかがでしょうか。

池が出来た当時、水の中で立ち枯れとなった木が幻想的な光景を作っています。この木々は徐々に減って来ているので、大変貴重な光景です。

◆B・田代池から見る霞沢岳
のこぎりの歯のように険しい霞沢岳とガラスのように透き通った田代池の対比が絶妙です。田代池は霞沢池の伏流水が水源。とても冷たくて気持ちいい水です。

湿原は、枯れた水草などが長い年月をかけて少しずつ埋まって出来ました。やがて乾燥化し、森になります。

◆C・梓川の左岸から見る穂高連峰
北アルプスの数ある高峰の中でも特にアルピニストの人気を集めている山です。難易度の高さや、登山道の険しさは、ここから山を眺める者にも伝わって来ます。



◆D・梓川の河畔から見る明神岳
針葉樹林の薄暗い道から明るい川べりに出ると、川の向こう側にケショウヤナギが見られ、その向こうには鋭い明神岳が迫っています。山肌がすごい迫力です。

◆E・明神池
穂高神社奥宮の神域にあり、拝観料¥250−が必要。澄んだ水に、水草のイチョウバイカモ。その間を泳ぐイワナやマガモ・・・。本当にきれいな条件のみに生息する生き物達がそこのはおり、凛とした空気が流れています。

◆F・岳沢口湿原から見る六百山
透き通った水辺に、水草のバイカモがたくさん見られます。その向こうには、水辺に立つ木々と六百山が幻想的な光景を生み出しています。

▲ Page Top


【著作権譲渡にNO!】プロフェッショナルイラストレーター団体
「イラストレーターズ通信」の『著作権譲渡にNO!』活動に賛同します。


サイト内に含まれる作品及び画像などの転載や流用などを全面的に禁止します。
Copyright YOKO SAITO all rights reserved.